【旅行記・27話】キャンピングカーでモニュメントバレー周辺を巡る!

アメリカといえばモニュメント・バレー。

11月24日、10時起床。さすがにここらへんまでくると夜は寒いです。もうすぐ冬ですね。

昨日は日が暮れてから修理工場を出発し、I-40 を西へ進みました。Gallup(ギャラップ)という町辺りで US-491 に入り、少し走ると AZ-264 が出てくるのでそちらへ少し進んだところで適当な路肩にとめました。

 

そして今日はこのまま AZ-264 を進み、途中で US-191 とぶつかるのでそれを右に曲がり北上します。周りは砂、赤土、変な草木しかなく、久しぶりに見る光景で少し懐かしい感じです。

Many Farms(メニー・ファームズ)という町から Indn Route 59 という道が出ているのでそっちへ入っていきます。景色は何も変わらず、ずーっと同じような道をひたすた走り続け、ようやく US-160 に出ました。走っていると変な岩があったので、記念にパシャリ。

そこから少し走ると Kayenta(カエンタ)という町のはずれにさしかかるので、その町から出ている US-163 にのりかえます。

ここまで来れば今日の目的地 Monument Valley(モニュメント・バレー)まであと少しです!!実はこのモニュメント・バレー、当初は「弾丸トラベル」中に行く予定でしたが、あまりにも旅程がキツすぎてボツにしたんですよね。やっと来られました。

 

そして走り始めて約3時間、やっとあの風景が見えてきました!

まるで地球とは思えない景色が広がっています!有名な3つの柱があるところは夕暮れにとっておいて、先に周辺の観光地をまわることにしました。

最初は、映画やポスターでよく使われる、誰もが1度は目にしたことがあるんじゃないかというあの場所。

ドンっ!!

この風景を見たときは、感動しましたね。笑 あぁ、これぞアメリカだな。と。

アメリカに来て何回感動してんだって話ですが、ここは特に素晴らしいです。路肩にスペースがあるので、そこに車を停めて写真を撮りまくります。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」はもちろん、

僕らの旅に縁のある「フォレスト・ガンプ」も、ここで撮影されたシーンがありました。

いい感じの看板が立っています。

 

そして次に向かったのが、Mexican Hat Rock(メキシカン・ハット・ロック)Mexican Hat(メキシカン・ハット)という小さな町のはずれにある、大きな岩です。

名前は、メキシコ人がよくかぶっているあの帽子に由来しているみたい。

実際岩を目の当たりにして、「少々無理があるんじゃないか?」とも思いましたが、全然OK!岩自体は写真で見るよりずっと大きく感じ、とても迫力があります。

そして時間があるので少し岩の近くまで行ってみようということに。僕はすぐにリタイアしたのですが、TくんとKくんは見えないところまで行ってしまいました。。。

ここから見る景色も綺麗ですね。右下にあるキャンピングカーが小さく見える。

遠くに見える岩も名前が付けられているほどの立派な岩です。名前は忘れましたが…

 

そして最後に向かったのは Goosenecks State Park(グースネック州立公園)です。

ここは、大きく蛇行するサン・ホアン川が見られる場所。ホースシュ・ベンドに似ていますが、グースネック州立公園は名前(ガチョウの首)の通りグネングネンに川が曲がっており、ホースシュ・ベンドとはまた違った景色が見られます。

ここでも先端大好きのTくんが危ないところに座っています。ホントにやめて欲しかったです。

そして僕は僕で、撮影ポイント探し走っていたらスマホを失くしました。。。

時刻も16時半をまわったので、そろそろモニュメント・バレーに引き返そうかということになり、来た道を戻ります。

そして17時過ぎ。ビジターセンターの駐車場にキャンピングカーを停めて

少し歩くと見えてきました。

圧巻の眺めです。

凄い年月をかけて風化・浸食され今の形になったそうですが、よくもまぁこんな見事な形になったなと思います。

ですがこの瞬間にも風化・浸食は進んでおり、遥か先の未来には無くってしまうそう。そう思うと今の時代に見れた僕はラッキーですね。

それからちょっと間ボケーっと景色を眺めていました。

すると太陽が地平線の彼方へ消え、昼と夕方と夜、全ての空が合わさるこの時間に見事な景観が生まれます。ただただ綺麗で、理屈なんかありません。

そして数分後、遠い空から夜がやって来ました。

 

これから僕たちは明日の日の出前にグランドキャニオンへ着けるよう、出発しようと思っています。リベンジです!!

初めてのグランドキャニオンは滞在時間わずか15分で朝日も見れなかったので、朝日を見れずに帰れるか!といった次第です。

なのでこのまま US-160 を下り、途中で仮眠をとることにしました。

注意
宿泊する際はRVパークを利用しましょう。危ないですよ〜

次のお話【旅行記・28話】グランドキャニオンで朝日と夕日と夜の絶景全部見ちゃう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA